名称

デススパイダー

能力・特徴
出現地区
ゴーストタウン ドクタータナトスが化身した、野民として、もう一つの姿。その正体は(闇十字団のシンボルマークの)サソリではなく、昆虫の天敵・蜘蛛であった。
仲間の野民を襲って、食べてしまう、残虐な性質で、餌食となった野民の食べかすを周囲に放置している。
 口から吐く粘着糸で獲物をからめとって、そのまま8本の足で押さえ付けて、食べてしまう。前足の先は鎌のようにとがっているし、鋭い二本の牙も持つが、猛毒も所持しているかどうかは不明。
触媒生物
タランチュラ(脱皮可)
個体数
一名
行動目的
野民狩りからの逃亡
登場回

11話

イメージ画

別名、捕食野民。人間体は、ドクタータナトス。鳴き声は、シュシュシュシュ。
プリンスの正体は、フリーメンのシンボルマークの蛇だったので、
タナトスの正体も、闇十字団のシンボルマークのサソリでは?と思わせといて、実は、サソリの近縁のクモだったと言う、引っ掛けになっています。(笑)しかし、クモは蛾にとっても天敵ですので、敵将タナトスの正体ならば、この方が相応しかったのではないのでしょうか。
野民のスタイルのバリエーションを増やす為、あえて人間的な形態を避け、逆立ちスタイルにしてみました。

目次に戻る