名称

野犬人(野犬の民

能力・特徴
出現地区
仁科市 媒体動物が高等哺乳類ゆえ、もっとも高い知能を保持している野民。その人間側の媒体は、影子が仲の良かった少年・正一である。野民化したあとは、悲観して、ヤケになり、けだもののように影子に襲いかかる。
賢い戦略が可能で、敏速な四足歩行で追い掛けたり、器用に前足で掴んだり、牙で噛み付いたりできる。
ヘンに知能が高かったばかりに、人間としての良心が、まだ残っていた点が、大きな弱点である。
触媒生物
のら犬(脱皮不可)
個体数
一名
行動目的
影子の捕獲
登場回
2話(11話)
イメージ画

別名、霊長猛獣。人間体は、所沢正一。鳴き声は、グルルル。
都市が機能的に崩壊状態に陥った時、人間にとって、一番、脅威になる動物は、実は、犬じゃないかと言われている。よって、犬も、栄えある野民の媒体動物にと選ばれた。
野犬人は、基本的に、犬頭人のイメージがありました。野犬人のイラストを、通常、「服を着た犬」として描いているのは、その為です。また、全身像の方は、「犬に似た人間」ではなく、「人間のように直立した犬」の雰囲気を持たせてみました。これらの絵は、実は予想以上に表現するのが難しくて、公開した完成品は、作者自身、あまり満足した出来のものではありません。

目次に戻る