西森

西森(剛三)老人
 日本考古学界の大御所。現在は第一線から引退しており、自然の中の別荘で、一人で暮らしているのですが、少しボケも始まっています。
 逃走中の影子と知り合い、一時的に彼女を家政婦として雇用します。
 気難しい性格をしており、学問への熱意に燃えています。
 老人キャラの古参なのですが、他作品でも、主に、学者の長老や金持ち老人役などで登場しています。