18、 チョイ悪影子?

 第15話で、影子は不良少女姿を披露しますが、それ以前に、登場当初からも、 子供には早すぎるような化粧をしていたり、授業中に居眠りをするなどのあまり褒められない素行を見せています。中でも、特に問題なのは、中学生にして飲酒 喫煙をしていた事でしょうか。(第2話)
 実は、過去の作品で、影子が飲酒禁煙をするシーンは全く存在しません。つまり、この不良的な性癖は、「影の少女rewrite」ではじめて付け加えられ た、影子の特徴だった訳です。
 影子は、いわゆる真面目な模範生であり、おとなしいゆえのいじめられっ子なので、それゆえに同情してくれた人も多かったかもしれませんが、それだけに、 この飲酒喫煙の部分だけは、かなりの違和感があり、感情移入できなかった人もいたかもしれません。
 そもそも、作者の私も、煙草は吸わないし、お酒もほとんど口にしない人間です。しかし、だからこそ、あえて影子にはお酒も煙草も与えてみたのです。も し、自分の好きな人間が自分と異なる嗜好を持っていたとしたら、それでも、その子の事をこれまでと変わりなく愛する事ができるか?そういう私自身への厳し い問いかけも込めて、影子に飲酒喫煙の要素を付加してみたのでした。この設定は、まさに、私自身の影子に対する真摯な忠誠の証しだったのです。
 さて、皆さんも、影子が飲酒喫煙をする悪い子だったとしても、これまで通り、愛し続けれますか?
 もっとも、この飲酒喫煙は、伏線としても、立派に役割を果たしておりまして、たとえば煙草を止めた事が原因で、口淋しさから影子はお菓子を頬張るように なり、少し太ったり、虫歯ができて、のちのいじめにもつながってゆく事になるし、他方の飲酒につきましては、ずっと先の方、第15話になって、その設定が 突然ストーリー展開の重要な部分で絡んでくるのでありました。

 

表題に戻ります