29、ハッピバースデー!影子

 「影の少女rewrite」では、10月のはじめに、影子は14才の誕生日を迎えた事になっています。
 これは、別に、本作のみの特別な設定などではなく、キャラクターとしての影子の誕生日が本当に10月8日なのであります。
 創造して間もなくの頃に、私は、影子の架空のプロフィールまで作ってしまっていました。それによりますと、影子の誕生日は昭和42年10月8日(天秤座)で、血液型はAB型。どちらも、ホロスコープや血液判断などから逆算して、導きだしたディテールだったりします。
  なぜ、ここまで細かく設定してしまったのか不思議に思う人もいるかもしれませんが、もともと、影子は「私にとっての理想の女性」でしたので、O型で3月 15日(魚座)生まれの私に一番相性の良さそうなのが、このプロフィールだったのでありました。(笑)昭和42年生まれですと、年齢的にも、私とちょうど 釣り合うようになっています。
 血液型がAB型なのは、単に私との相性を考慮しただけではなく、ミュータントである影子の血液が、通常の人間には輸血不可能である事にも起因しています。
 のちに調べたところ、10月の誕生石はトルマリンという、なかなかマイナーな宝石でして、「不幸を克服して、幸せになれる」と言う意味があるそうなので、意外と、薄幸の影子にはお似合いだったのではないのでしょうか。(「秘密美少女ドクガール」より)
  ちなみに、「影の少女rewrite」の影子は、誕生日前後は、ちょうど激しい性的いじめを受けていた時期であり、ストーリーの流れから推測しますと、ま さに誕生日に清水とのセックスを強要された可能性があります。誕生日記念として、望まない初体験で、女の子のかけがえのない処女を捨てさせられたなんて、 どこまでも気の毒としか言いようがありません。

 

表題に戻ります