×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

●スプラッターハウス●

 

<思い出>

私と「スプラッターハウス」の最初の出会いは、ゲームセンターでして、そのエグイ内容に、いっぺんにとり憑かれてしまいました。当時、すでに、このゲームは、一昔前のものになっておりましたので、私個人の独占プレイも可能で、ゲームセンターに通い続ける回数、およそ2ケタ、そのたびに5千円札を全てコインに変えて、多分、二週間ぐらいかけて、全面クリアを達成しました。
その後、中古ソフト屋で、PCエンジンソフト「スプラッターハウス」のケース(中身は品切れ中)を目撃し、このゲームを個人所有物にする事が可能だと知った私は、以後のゲームソフト漁り人生を、もっぱら、「スプラッターハウス」探しの為に費やしてきたのでした。
80年代スプラッター映画を見まくったホラーファンにとっては、このゲームに出てくるキャラたちは、あまりにも当時の雰囲気を完全に再現しきっており、私のような懐古主義者にしてみれば、「クロックタワー」も「バイオハザード」も目ではなく、ベストのホラーゲームソフトは、まさに、この「スプラッターハウス」なのでした。


「スプラッターハウス」ステージ一覧

 
ステージ内容
ステージボス
1
森、物置小屋 ボディイーター(BODY EATER)
2
地下水路、部屋 ポルターガイスト(POLTERGEIST)
3
森、橋 ピギーマン(PIGGYMAN)
4
廊下、鏡の間、礼拝堂 エビルクロス(EVIL CROSS)
5
廊下、部屋、寝室 ジェニファー(JENNIFER WILLS)
6
胎内洞 マザー(MOTHER)
7
墓場 ヘルカオス(HELL CHAOS)

 

「スプラッターハウス」へようこそ(ストーリー&攻略)

 

●アーケード版との比較●

アーケード版と比べると、PCエンジンソフトの方は、妙に簡単な印象を受けました。すでに、アーケード版でやり尽くしていたゲームでしたので、クリア手順が分かっていて、そう感じただけなのかもしれませんが。
と言うか、アーケード版にはレベルが2段階あるらしく(!)、どのような基準でレベルが変わるのかは分かりませんが、ハードモードの時に遊びますと、4面のボスやジェニファーらが強すぎて、まるで先に進めません。
また、敵だけではなく、手首の廊下や最終面の火渡りなど、トラップも難しいものが多く、何回も挑戦してみて、通過の流れのリズムを覚える事が、トラップ通過の決め手となります。
なお、アーケード版では、スライディングキックが使いこなせないと、うまく倒せない敵もいるのですが、PCエンジンソフト版では、なぜか、スライディングキックのコマンドが入りづらく、その代わり、スライディングキック無しでも、十分に全面クリアが可能です。

 

<ウラ技!>

<面セレクト>タイトル画面で、ランを1回、セレクトを3回、押してから、方向キーの左を押しながら、ランを押せば、面セレクト画面になる。さらに、面セレクト画面で、セレクトを押すと、サウンドテストも出来る。
<ハードモード>最初のデモ画面の時、ラン以外のボタンをずっと押し続けたあと、ゲームを始めると、敵キャラの体力が倍になる。

 

「スプラッターハウス」おすすめサイト

「スプラッターハウス」(アーケード版ですが)に関しては、
以下のサイトでも攻略法が掲載されています。

●俺ゲー鬼大名
●バキューブJr.の5TH BLOCK

 

 

その他のおこぼれ情報

表題に戻ります