この作品について

 そもそも、「軍隊の兵器の名前を、全部、東宝怪獣の名前にしたらどうだろう?」と言うのが、ゴラス発案のきっかけだったのですが、ちょうど同時期、世間では、ゴジラ生誕40周年で盛り上がっておりまして、「いっその事、このゴラス軍を、ゴジラにぶつけちまえ!」って事で、書き上がったのが、この「ゴジラ対ゴラス」なのであります。
 この作品は、あくまで、私個人のお遊びの産物であり、東宝その他の正式なゴジラ情報とは、いっさい、関係はありません。
 また、「ゴジラ生誕40周年記念」を想定した作品でございますので、世界観としては「ゴジラVSモスラ」に続く時間帯に位置しており、三枝未希やスーパーXが出て来たりもいたします。さらに、のちの正しいゴジラ映画史とは異なる設定とかも続出するのですが、この作品は、あくまで「オリジナルのゴジラ外伝」なのだ、と言うご理解の上で、お楽しみ下さい。

目次に戻ります